読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業までにしたい約50のこと

大学時代にやり残したことを消化する新卒OLの雑記帳

大学生のワイ、美術モデルのバイトをした。

こんにちは、Yです。
最近は暑いですね、夏ですね。夏と言えば、、、受験は夏の天王山!いえ、夏は受験の天王山です。

というわけで、先日は美大受験者向けの夏期講座の手伝いという少しレアなバイトをしてきました。
美大入試ではクロッキーや作品制作などの実技科目があり、この時期の高校生たちは画力をめきめきと上げるべく、予備校や高校内の夏期講座にせっせこと通っているのです。

そんな必死に絵筆を執る高校生たちの傍らで、美術モデルとして木鶏のごとく立っている私は、就職活動や勉強をする気力もなく、大学四年の夏を無為に過ごしつつありました。

思い起こせば6月末あたりまでは黒い服を着てほぼ毎日面接に出向いていたのに、内定をもらった途端に何をする気も起きずにいました。
また、愛用のがま口財布を開けると交通費や飲み代でほぼ空になっていて、ポケットマネーを補充しようと貯金箱をのぞくと、一葉がひとりで寂しそうに鎮座ましましておいででした。

これはまずいぞ。なにかバイトを探さねばと焦っていた折、メールが届きました。バイトの案件紹介です。あまり出勤していなかったため存在を忘れそうになっていたけれど、美術モデルのバイトの紹介会社に登録していたのだった。さっそく返信を出し、仕事をさせていただく流れになりました。


さて、今回の仕事は2日間の合計18ポーズにわたるヌードデッサンです。
仕事の進め方は、1ポーズ20分間と10分間の休憩を18回繰り返し、20分休憩を2回とお昼休憩もはさみながらずっと同じポーズをとり続けます。
こう聞くと、かなり休憩が多いバイトなのですが、同じ姿勢を維持するのは体力を消耗するので、疲れ具合としてはホールスタッフ以上だなという印象です。

アトリエには私の他にもう一人モデルさんがいて、2か所の台座を囲むように受講生の皆さんがイーゼルと椅子で場所取りしている様子でした。 

タイマーを20分にセットして、挨拶をした後、ワンピースを脱ぎます。更衣室で予め下着は取ってあるので、すぐに指定のポーズをとります。そこからはなるべく微動たりともしないように壁をにらみながらタイマーが鳴るのを待ちます。

お客様から不条理な苦情を言われることも、ミスすることもありませんが、とにかく退屈です。退屈でうとうとしてしまいそうなときは、お給料の使い道を考えることと、休憩時間に聴いた音楽を頭の中で再生することでポーズを保っていました。
美術が好きで、何もしないことが得意な方にうってつけなバイトです。



さて、2日目の最後のポーズが終わると、お給料の諭吉トリオを手渡しでいただき帰路につきます。
私は思い出になるようなレアバイトがしたいという動機で物見遊山のようにここに来たけれど、他の方はどうなのだろう…。石原さとみ似でグラマラスボデーなもう一人のモデルさん(以下、石原)に聞いてみました。

Y:今日はおつかれさまでした。お昼の時に美術モデルの他にもうひとつ仕事してるっておっしゃってましたけど、いつも何してらっしゃるんですか。
石原:非常勤で広告関係の仕事をしてます。モデルをやる時期と、そっちの仕事をやる時期を区切っています。夏は講習とかでモデルの仕事の繁忙期だから、いまはモデルに専念中です。

Y:なるほど、美術モデルって舞台関係の人が副業でやってることが多いイメージだったので意外でした。いまのお仕事はじめたきっかけはなんですか。
石原:もともとは広告とは関係ない会社に一回就職したんだけれど、友達の紹介でモデルをやってみたらとても給料が高くってモデル業に専念しても食べていけると思って、会社やめました。もうガンガン稼げたんだけれど、それだけだと体力もたなくて広告の仕事も始めました。

Y:そんなに稼げるんですね。
石原:頑張れば会社にいた頃の倍はいきます(笑)

Y:え。さっきの講座での表情のつけ方とか見ててプロっぽいなーと思ったんですけど、始めてから長いんですか。
石原:5年かな。

Y:ベテランさんですね。
石原:まだまだです。10年目の人や、40歳過ぎた大ベテランもいますよ。40過ぎといっても、めっっちゃ体がキレイです。

Y:そんな大ベテランさん会ってみたいです。いままでで面白かったお仕事有りますか?
石原:美大の仕事で、長期のものだと1ヶ月くらいの彫刻の案件もあります。彫刻がだんだん自分に似てくるのが、面白いですよ。タイミングが合った時に写真撮らせてもらいました。
あ、私、夕方にもう一つの現場に入るので、ここで失礼しますね。

Y:これからですか!?頑張ってください。おつかれさまです。


体力的にも精神的にもきつい仕事をこなされるモデルさん。同じアトリエにいながら謎に包まれた存在のように思っていました。私はたまに単発バイトのようにやるから気が滅入らずに済んでいますが、生業にされている方は長期のお仕事や、現場の梯子をしていて、本当にすごいことだとおもいます。