就職までにしたい約50のこと

新卒で入ったIT企業を辞めた自宅警備員の勤務余禄。ブログタイトル変えました

【夏休みの自由工作】靴流通センターの三千円のパンプスをルブタン風にしてみた

こんにちは。Yです。
初めていただく寸志のボーナスと共に夏がやってきました。

夏休みと言えば、自由研究と工作。
これまで経験した幾多の夏休みからすると格段に短い会社員の夏休みといえど、工作や自由研究をしたいものです。

そこで、買いたかったけれど「寸志」で買えなかったルブタンの靴を作って、物欲と工作欲を満たすことにしました。

今回作りたいのはこんな靴。

f:id:ishikitakai4jo:20160813233350j:plain
出典:クリスチャン・ルブタン - Wikipedia

 

まずはそれを再現できそうなヒールの高いパンプスを買いに靴流通センターへ行ったら、ちょうど良さそうなものが売られていました。

それがこちら。一見ゴツそうなフォルムながら、爪先は丸っぽく可愛らしいところを気に入りました。
f:id:ishikitakai4jo:20160813220539j:plain

続いて、靴底に塗るマニキュアを100均で調達です。
下地用の白と、その上に塗る赤の2本を購入しました。

wikipediaによると、ルブタンの特色である赤い靴底は、デザイナールブタンの工場内で出来上がり直後の靴のソールに赤色のマニキュアを塗ってみたことがはじまりだというので、マニキュア使用は、本家本元の方法と言えよう。

材料がそろったら、こちらのサイトを参考に、軽く洗った靴底に白いマニキュアを塗る作業から開始です。

中学の美術の時間に使って以来出していなかったポスター平筆を使用します。

f:id:ishikitakai4jo:20160813220649j:plain
また、塗る際にはみ出しても影響がないよう、マスキングテープをしています。

一度塗るだけではムラがあったので、3度、4度と、マニキュアがボトル半分の量になるほど塗っていたところで、父が慌てて駆け下りてきて、曰く、「臭いぞー」。
窓を開けて作業していたのですが、揮発性塗料独特のケミカルな香りが家中に広がってしまったようです。

下地塗はそこそこにいったん作業を中止し、窓を開けねばなりません。

f:id:ishikitakai4jo:20160813220720j:plain
さて、異臭元たるこの靴は2本目のマニキュアを塗れるようになるまで、車庫で乾かします。

2時間後、赤いマニキュアを塗ります。
1階で作業したばかりに、臭いが上の階まで渡ってしまったので、4階の換気扇前に移動です。
4階は一部屋上庭園(?)になっているので、いざとなったら屋上入り口のドアを開ければ苦情がつくことはないでしょう。

2本目のマニキュアはボトルに入っていたうち7割ほど使ってたっぷり重ね塗りします。

f:id:ishikitakai4jo:20160813220819j:plain

その場で乾燥させ、また数時間後にトップコートを塗った結果がこちら↓
f:id:ishikitakai4jo:20160813220919j:plain


側面に塗りがはみ出したところは、黒ペンで埋めれば解決。

今回は、つま先周辺のゴム部分は塗らなかったけれど、こうして立てて眺める分には違和感ありません。
f:id:ishikitakai4jo:20160813220900j:plain

しかし、本物の画像と比べると猫の足のような色気と気品はないにゃあ…。


さて、今回かかった金額を合計します。

【項目】   【購入場所】     【金額】
パンプス    靴流通センター    3121円
白マニキュア  100円ショップシルク  108円
赤マニキュア  100円ショップシルク  108円
トップコート  100円ショップシルク  108円
_______________________
                   3445円

ルブタンは1足約10万円なので、29分の1ほどの価格です。

作ってみて、合計を出してみたことで、この靴29足分の価値のある靴とはどんなものなのか実物への興味がさらに湧きました。

違いの分かる人間になりたいです。