就職までにしたい約50のこと

新卒で入ったIT企業を辞めた自宅警備員の勤務余禄。ブログタイトル変えました

幸福の科学の信者じゃないワイ、『UFO学園の秘密』を鑑賞した

こんにちはYです。

私は、用事があればお寺や神社にお参りして、正月に巫女のバイトをする、ミッション系の学校に通う普通の大学生なのですが、先日『UFO学園の秘密』を見てきました。

UFO学園の秘密とは今月公開された、幸福の科学大川隆法氏による指揮監督のもとつくられたアニメ映画です。

幸福の科学の施設に行かずとも、巷の映画館で公開されているので、見た後に宗教を勧誘されるなどという恐ろしいイベントはなく、出演する声優さんたちも有名人でポスターを見ただけでは新興宗教の映画だとはまず気づかないでしょう。

ただ、映画館への入りにくさは否めませんでした。私は池袋のシネマサンシャインで午後一発目の上映を見たのですが、案内されたシアターは別館のような場所で、チケット売り場の隣のゲームセンターをまわった地下にあります。
そんなつもりないんだろうけど、なんだか隔離された感ある!

ぐるっと回ってシアターの入り口前に行くと、人だかりができていてました。開場待ちの列なのかと思ったら、どうやらそうではないらしく、中年女性が名簿を片手に出欠をとっていました。おそらく、信者(?)か関係者の集団が見に来ていたんだと思います。

 

その集団は中高年が多かったのですが、場内に入ると大学生くらいの人たちや小さなお子様を連れたご家族など、さまざま方がいました。学園モノのアニメ映画としては客層の幅がかなり広めです。

そして肝心の映画の内容なのですが、少々複雑なので6コマ漫画で説明いたします。
          

f:id:ishikitakai4jo:20151024221122j:plain

絵だけ見るとなんのこっちゃって感じですよね。スミマセン!

①全寮制の高校ナスカ学園の探究創造科の高校生の仲良し5人組は文化祭の研究発表のテーマを考えあぐねています。そんな折ハル(絵ではピンクの棒人間)の妹(紫の棒人間)が、宇宙人によって脳にチップを埋め込まれ、コントロールされかけてことが判明し、5人は妹ちゃんを助けるために宇宙人を文化祭の研究発表のテーマにし、調べ始めます。

②紆余曲折あり、宇宙人実在の証拠を5人は掴みます。しかし、文化祭の発表直前に宇宙人の手先に証拠の映像やスライドを削除されてしまいます。そのまま発表を始めると、校長が演説を止めさせようと壇上に登ります。すると窓の外から光がさし、発表者と校長がUFOにさらわれてしまいました。

③行きついた先にヤギの頭の宇宙人がいました。ヤギ頭いわく宇宙人には地球を付け狙い、生徒たちの頭にチップを埋め込んだ邪悪な陣営(レプタリアン)と、地球を守ろうとする穏健な陣営(プレアデス)がいることを2人に話します。そして、過激な宇宙人を排し、穏健な宇宙人とコンタクトを取るためには、穏健な宇宙人と同じ波長の心を持てと諭します。

④宇宙の研究をしている大学教授が開発した機械を使って、5人は宇宙人とコンタクトを取ります。プレアデス第三惑星にある、エリートを育成する学校を見学します。また、次の星では幼いころの自分が出てきて、輪廻転生することや霊界の存在を語ります。
この旅を経て5人はそれぞれ、地球初のUFOを作る、宗教の勉強をする、地球の人々の行く先を正しく導くなど、目標を見つけたようでした。

⑤学校に戻ると用務員さんが恐竜のような姿に変身します。なんと地球に潜り込んで活動していたレプタリアンでした。恐竜姿の用務員は5人を裏宇宙に飛ばしてしまいます。

⑥裏宇宙でたくさんのレプタリアンと戦っているところに龍が飛んできて5人を助けます。その龍の正体は担任の先生でした。彼もまた神に帰依した宇宙人(信仰レプタリアン)です。担任は、光の神を信じれば元の世界に戻れると言い、全員で合掌すると光が空に差し、元の世界に戻るのでした。
用務員は、レプタリアン信仰レプタリアンに変える装置に吸い込まれ、チップを埋め込まれてコントロールされていた生徒たちは元に戻るのでした。



ふぅ、長くなっちまったな。。

しかし、見終わって浮かんだのはいくつもの疑問。
・なぜ、地球征服をもくろんでいるレプタリアンがなぜ日本にある一介の高校を狙っているのかわからないよ。
・霊界を通れば400光年離れた場所にもすぐに行けるってどうなってるの。
・「神は魂の教育をしているのに、その教えを理解できない人によって紛争が起きている」ってホンマかいな。
・5人のグループにカップルが2組いて、余ってしまった男子は1人でどんな気持ちなんだろう。

うん、ごめん。素直にメッセージを受け取れなくて。散々こき下ろしたけれど、確かにちょいちょい作中で良いことは言っているんです。ノブレスオブリージュの精神を持とうとか、努力して叶えるからこそ夢は輝くんだとか。

でもね、その根拠や説明に、いちいち「霊界」「波長」「信仰」「魂」「輪廻転生」を持ち出されると違和感しかないんだな。これが。
信者と信者じゃない人に違いはそこなんだな。良し悪しの問題じゃなくて。

そんなわけで、万人におススメできる映画ではないのですが、映画を見ていない&見る予定のないあなたにも明日から使える珠玉の台詞を最後に2つお授けします。

ひとつめの珠玉の台詞は
「やられたな。レプタリアンの仕業だな。」
箪笥の角に小指をぶつけたり、修理したい家電の保証書をなくしたり、日常でなにか不都合が起きた際に、大げさなリアクションと共に、どうぞ。

つづいてご紹介するのは「それが地球の教育か?」
ヤギ顔のプレアデス星人が、宇宙人はいるんだと訴える生徒を信じない校長に言い放った一言です。
退社寸前に仕事を投げてくる上司や、成績評価の基準をシラバス通りにしない教授に威厳ありげな上から目線な態度で言ってみましょう。

ではでは。